社員の声

 部門一覧

内部監査室/品質管理室/BPM推進室

内部監査室

内部監査室室長

山田

§1 私の仕事について
会社組織の運営状況について、その活動結果の状況や推移の状況、或いは何らかのリスク因子が潜んでいないか等を、継続的な監視活動を通じ定期的に報告して役立てて頂く事にあります。現時点では定期的に監査報告書を通じて社外取締役である監査委員会に、或いは経営幹部まで直接報告をしています。また社長には時間を割いて頂き、率直な意見を述べる機会を毎月設けて頂いています。
[1] 現状について
内部監査室に配属されてから約4年半が経過しました。配属時には私なんかに勤まるのかと相当不安でしたが、配属時に頂いた『君は正義感が強いからな』の一言が今でも心の芯になっています。会社の組織構成が大きくなるにつれ、定期的な監査報告とは別に当初は余り認識出来ていなかった部分へのテーマ監査を新たな課題として取組んでいます。時々ぶつかる硬い壁を感じて悩む事も有りますが、いつも会社の皆から応援を頂き支えられている事に感謝しています。
[2] 今後について
会社全体の規模が大きくなるに従い、企業活動が社会に及ぼす影響力も大きくなって来た事を実感しています。その影響力が今後も引続いて紳士的に振舞われ、常に公平公正な姿勢を維持しながら成長を続ける為、微力ながらも会社の役に立って行きたいと願っています。

§2 私が仕事を気に入っている理由
[1]良かった探し。
組織内の色々な場所で情報収集をする際に、今まで気付けていなかった現場で育まれた様々な知恵や工夫に出会えます。時には涙が出そうになるほど感動する事も有り、仕事をする上でとても大きな楽しみです。
[2]機密保持。
取締役や経営者への報告目的の為には、全ての情報には無制限の接触が許されていますが、一方でそれに伴う機密保持には細心の注意が伴います。業務上は勿論の事ですが同様に家族に対しても。ちょっと格好良いなと思っています。
[3]継続訓練。
継続訓練の義務が課されています。義務と表現すれば重苦しく感じるかも知れませんが、例えば他社の事例や、新たな監査手法や知識、或いは法改正に伴う監査上の注意事項なども含まれます。大抵の場合そのまま当てはめる事は難しいのですが、先ずは知る事が全ての始まりで、社長からも『求める事が有ると思うなら行くべきだ』と応援して頂けています。その意味で私は『義務』では無く『特典』だと大変有難く受止めています。

品質管理室

品質管理室長

室長 男性

昨年、商品採用部から品質管理室に異動しました。 品質管理室での重要な仕事は大きく分けて2つあります。
1.お客様が要求されている性能、性質を、ご使用いただくお客様に満足いただけることを一番に考え品質管理を行ってます。
また、製品によっては重大な事故が発生することもありますので、リスクが想定される製品に関しては製造先の検査、外部検査機関での試験検査とダブルチェック、また、外部検査機関での事故報告セミナー等にも参加して事故例を基に、品質チェック項目に追記して製品管理を行っています。
2.法令規制商品
各法令を把握して、遵守項目の外部検査機関、省庁届出、関連書類の保管等法令遵守の管理を行っています。法令改正も日々各省庁の情報を収集して漏れがないよう取り組んでおります。
どちらも、お客様から安心して購買いただく重要な管理になります。お客様からの信用、信頼を失うことがないよう、今後も改善案があれば、品質管理フローを社内に提案して品質に満足いただけるよう取組んで行きます。

品質管理室

男性メンバー

私が所属する品質管理室では、商品を購入されたお客様が、損害を被らないための取り組みを行っています。
「品質管理」というと、製品検査やクレーム対応と言ったイメージがあるかもしれません。 しかし、弊社の品質管理室の業務は、採用検討中及び販売中の製品が、社内で法令・規格を遵守する管理ができているかの確認になります。 商品部門、物流部門、データマーケティング部門など、各部門にて法令・規格を遵守する取り組みを行っていただいておりますが、その業務が確実に行えるよう、ダブルチェックをするのが品質管理室の仕事です。 基本的には、品質管理室で提案した業務を他部門主導で実施していただくため、提案内容をいかに分かりやすく伝え、スムーズに業務を行っていただくかが大切になります。
私自身、もともと商品や法令・規格について知識があるわけではありませんでした。 そこは、商品ごとの法令・規格の有無とその内容などを確認しながら、日々勉強をしております。 特定の商品群に限らず、あらゆる商品に対してこれらを確認することは、大変でもあり、より多くの知識を身に付けるチャンスでもあります。 どんな法令・規格の質問を受けても答えられ、より法令順守を徹底できる体制を作ることで、誰からも頼りにされる人材になることが目標です。

BPM推進室

BPM推進室室長

中村

2015年7月にTOC推進室が新設され、その室長を任せて頂くこととなりました。
「TOC」(Theory of Constraints)とは直訳すると「制約理論」、ボトルネックに注力し、最小の努力で最大の効果を上げるための様々なノウハウが体系化されたものです。外部コンサルタントの方々からご指導頂きながら、TOCのノウハウを活用し、全社的な業務プロセスの改善によるスループットの向上や会社の成長を支える人材を育成するための教育に取り組んでいます。
「TOCって何?」というところから始まりましたので、多少戸惑うところもありますが、指摘されれば当然だがこれまで思いつかなかった解決方法により劇的にスループットが改善したり、全社的な取り組みにより部門を跨いで皆が助け合うようになったり、それがきっかけとなり社員が意欲的にスキルアップに取り組むようになったりと、少しずつ目に見える成果を上げることができ、とてもやりがいを感じています。 まだまだ途上ですが、皆がよりやりがいをもって働ける環境を提供できるよう、頑張りたいと思います。

※異動前の業務についての声です

BPM推進室

女性メンバー

”私が仕事を気に入っている理由”
TOC推進室ではTOC(制約理論)に基いて会社の業務を改善するサポートを行っています。 TOCの考え方をおおざっぱに分類すると
・思考プロセス
・TOC式ソリューション
の二つがあります。(私の勝手な分類です。完全に切り離せるものでもありません。あしからず。) TOC推進室はこれらを用いてプロジェクトや目標管理、問題解決を考えていくこと、および考えられる人を増やすことを目的としたチームです。 私自身内省的な性分なので思考プロセスやソリューションを理解して使っていくのはとても楽しいです。プロジェクトや問題解決のための場に参加する機会が多く、頭を使うことが好きな人には最高だと思います。
実際に自分自身が中心となってプロジェクトを引っ張ることは、今はまだありません。が、日々「これがちゃんと理解できるようになった」と感じることは無上の喜びです。

※異動前の業務についての声です

海外事業

海外事業グループ長

森本

私は海外事業室グループで輸出業務全般の管理をしています。
2013年3月に新しく立ち上げられたグループで、業務は大きく 1.海外向けサイト運用 2.リスティング 3.輸出オペレーション 4.お客様対応の4つです。とても幅広い業務を経験出来る事が最大の魅力で、 計画~実行~改善まで任されます。
仕事を進めていると沢山の壁にぶち当たり失敗することもあります。しかし、社内全体が前向きな考えを持ち "誰の責任"では無く"どうして上手くいかなかったのか?"どうすれば上手くいくか"等を全員で考え、 お互い協力し合う事で乗り越えるパワーがあります。より良いものをお客様に提供する事!そして私たち社員全員が良い環境で仕事が出来るように、個々人自らも成長しながら楽しく職務を全うしております。

海外事業

西口

当社は間接資材の通販サイトを立ち上げ15年目になります。設立当時は、仕入先も売上もほとんどないところからのスタートでした。その後、業績は上向きはじめ、2009年12月に東証1部上場も果たし、めざましい成長をとげはじめました。当時は即戦力となる業界経験者の中途採用ばかりでしたが、今では新入社員が毎年入社してくる会社に成長しました。今回、『私が仕事を気に入っている理由』を伝えることで、当社に入社しようとしている人が、「よし、仕事をがんばろう!」「MonotaROで仕事がしたい!」と感じてもらえればと思っています。

『私が仕事を気に入っている理由』は2つあります。
1.仕事を任せてもらえる
 自分の能力より高いレベルの仕事を任せてもらえます。最初に配属された商品部では、色々なカテゴリーを担当させてもらい、新規商品の採用と仕入交渉を中心に仕事してきました。次に、新しいチャレンジの機会を与えてもらい、開発部で輸入を担当しPB商品の開発にたずさわりました。自分が採用したPB商品がヒットした時はやりがいを感じました。その商品が近所のバイクショップで使われてるのを見た時は感動しました。チームリーダーを経験した後、物流部長に任命されました。最初はわからない事ばかりで、物流関係の書籍を読みあさり、「生産量を増やし、効率を上げる」「品質を上げる」「コストを下げる」という目標のもと、『利益を残す』というゴールに向ってチャレンジできました。物流部では、皆の協力のもと「人とのつながりの大切さ」を改めて実感できました。現在は、商品販売企画部門の採用グループにて、"売れる商品の採用"に日々邁進しております。

2.将来性がある
 設立以来、毎年売上は伸びています。理由として、会社のスピードが速い事です。社長が同じフロアにいるので決断が速く、常にスピード感を意識しながら取り組めています。また、新規のお客様が増え続けている事と、新規の取扱商品を大幅に増やしている事があります。昨年は「厨房機器・キッチン用品」と「農業資材・園芸用品」の新カテゴリーを立ち上げました。売れ筋商品だけでなく、お客様の立場に立ち、たくさんの選択肢から選んでいただく事でお客様の利便性が上がりました。尼崎に大型物流センターも新設しました。最大約40万アイテムの在庫が可能となり、注文から配送まで迅速・効率化されました。今まで以上にサービスをレベルUPさせていく事で、高い評価をいただき、142万社(2015年2月現在)のお客様にご利用いただいております。また、新しい売上の柱として、「大企業連携ソリューション」と「海外向け事業」も順調に伸びております。今後、海外への障壁が一段と低くなっていくので、チャンスはさらに広がっていくと思います。

間接資材の市場規模は十兆円とも言われております。当社の2015年売上予想は556億円なので、まだまだ攻められる市場は残されています。さらに、2020年東京オリンピックに向けて多くの会社が動きはじめます。また、世の中で発表にいたっていないIT技術の出現により、社会環境・技術環境が大きく変わり、スピーディーに事業を展開することが重要となってくると予想されます。社員全員が自分の能力以上の仕事に取り組むことで、そのスピードの変化にも対応していけると思います。今後もつねにお客様の声に耳を傾け、商品の勉強をかかさず、市場を十分調査し、世の中のトレンドにも敏感に対応していきます。

当社がこれまで順調にこれたのは、当社を支えてくださった仕入先様の協力と、従業員全員のチームワークのおかげです。これからも"感謝の気持ち"を忘れずに、今まで以上に責任感をもって仕事に取り組みたいと思います。

海外事業

テッシュナー

海外事業グループでMonotaRO Singapore関係の業務に携わっております。
入社当初は商品情報の英訳、インターネット広告の運営、その後も受注業務、出荷業務、ユーザー問合せ対応と幅広い業務を経験させて頂きました。MonotaRO Singaporeは立ち上がってまだ1年半程度である為、まだまだ改善点が多く、業務フローの見直しや改善が海外事業拡大に必要な重要な要素と感じております。
全てが未経験からのスタートでしたが、他部署と協力しながら一緒に課題を解決していく職場と思っております。また、だからこそ新しい提案も色々とできる土壌があるとも思っております。
業界のスピードに負けないよう、これからも日々の勉強とコミュニケーションを意識して、会社とともに自らも成長したいと思います。

TOP