チームの仕事

チームの仕事

ユーザーに一番近い場所にいる「営業部隊」

データマーケティング部門:国内ECグループ・検索グループ

  • U.Sさん
  • Uさん
  • Webサイトの開発・運用全般を担当
  • T.Uさん
  • Tさん
  • Webサイトの検索ナビゲーション開発や改善を担当
  • S.Hさん
  • Sさん
  • スマホアプリの機能開発や改善を担当
  • O.Sさん
  • Oさん
  • 大企業向けの新しい購買システムの開発を担当

グループの役割を教えてください。

一言で言えば「ユーザーに一番近い場所にいるモノタロウの営業担当」ですね。 国内ECグループおよび検索グループでは、Webサイト上の検索システム、レコメンド機能、UI(※)開発/改善、サイト高速化など、Webサイトを訪れるお客様に便利で快適にお買いものをしていただくためのWebサイトづくりを行っています。
インターネットの向こう側にいるお客様のことを常に考えてサービスを提供することが使命なので、そういう意味で「営業担当」なんです。
(※UIとは、User Interface(ユーザインターフェース)の略で、ユーザーとコンピュータとが情報をやり取りをする際に接する、機器やソフトウェアの操作画面や操作方法を指します。)

01

現在の主な取り組みやプロジェクトについて教えてください。

最近では、Webサイトのパフォーマンス改善、スマホアプリの開発、大企業向け購買管理システムOne Source Liteの開発の3つを大きな柱として取り組んでいます。

Webサイトのパフォーマンス改善に関しては、サイトの高速化に特に注力しています。誰しも経験があると思いますが、ページの表示が重たい/遅いサイトってありますよね。使う方にとってはすごくストレスを感じてしまいます。
当社では、膨大な情報量を有するWebサイトをユーザーがストレスなく閲覧できるよう高速化に取り組んでいます。
といってもデータが示す数値的な側面からだけでなく、体感的に速くて快適と感じられるかどうかを一番に重視しています。

「あれ?サイトが重たい!」って感じたらTさんに連絡すればいいんです(笑)。

そうですね(笑)。 
すぐに原因をつきとめて改善します。Sさんはアプリの開発どうなんですか?

よくぞ言ってくれました。当社のユーザーは以前はパソコンから注文される方が多かったのですが、スマホやタブレットの普及に伴いそれらのデバイス経由の利用が急速に増えています。
私はスマホやタブレットならではの特性や利用環境に適したアプリの機能開発や改善を行っています。最近ではプッシュ通知機能を追加し、ますます利用が伸びています。

私は大企業向けのシステムを開発している別のグループから異動してきたのですが、現在は国内ECグループで「One Source Lite」という大企業向けの新しい購買管理システムを開発しています。
国内ECグループがもつB2BWebサイト開発のノウハウを応用し、今まで以上に使い勝手の良いサービスの提供を目指しています。

02

モノタロウで働く魅力や仕事のやりがいについて教えてください。

会社全体としてもそうですが、新しいことにチャレンジできる風土があるところですね。失敗を恐れずにどんどんアイデアを試すことができる環境だと思います。
また、会社の企業理念にもある「他者へ敬意をもって接する」というところも魅力ですね。私はモノタロウの前に何社か経験していますが、他社にはなかなかない考え方だと思います。
良い人が多いのもその考え方が会社全体に浸透している証拠ですよね。

「ユーザーに一番近い場所にいる」という立場から、自分のやったことがダイレクトに結果として把握しやすいところです。
利用が増えれば素直に嬉しいですし、何も変わらなかったり悪くなったりしたらやはり悔しいです。ただ、失敗してもその原因を検証して次のアプローチにつなげていけるのでやりがいは大きいです。

私はこれまで経験してこなかった新しい言語やソースコードを学べることが楽しいですね。
一方で、異動して間がないにも関わらず自分がやってみたい案件を担当させてもらえていて、そこにもやりがいを感じています。

03

仕事をしていく中で、苦しいことはどのように乗り越えていますか?

私は行き詰まったらとにかく周りに体当たりします(笑)。知識豊富で優しい方が多いので、わからないことを正直に伝えると丁寧に教えていただけます。

自分が行き詰ったときに周りから声をかけていただけることが多いんです。それも一人や二人じゃなくて。自分では難しいと感じていたことも周囲のサポートおかげですんなりと解決できたこともたくさんあります。

私もそれはすごく同感ですね。データマーケティング部門以外の方でもとても親身になって相談に乗ってくれます。1つ質問したら10返ってくることもざらにありますよ(笑)。

04

今後の目標や取り組みについて教えてください。

Webサイトのパフォーマンス改善に関してはユーザビリティ(※)の向上に終わりはないので、新しい技術をうまく取り入れながら改善を続けていきたいですね。
一方で、Webサイトのことだけではなく、全社的な視点でサービス向上につながるようなことにもチャレンジしていきたいです。
(※ユーザビリティとは、使いやすさや使い勝手といった意味を指します。)

私はITの知識をさらに深めて技術力を向上させていきたいです。そうすることで自分のやりたいことがもっとできるようになると思うので。

アプリの開発に関してはトライしたいことが山ほどあるのでどんどん取り組んでいきたいですね。個人的には英語をもっと話せるようにがんばりたいと思っています。

05

新しいメンバーが入ってくるとしたらどんな仲間と仕事をしたいですか?

ずばり「面白い人」ですね。他の人と違うことをやっていたり自分と価値観やものの見方が違っていたりすると「この人面白い!」って思うんです。
グループや部門はもちろん、会社全体にいい刺激を与えてくれるような面白みのある人と一緒に仕事をしていきたいですね。

私は言われてないことまで色々と考えてやってしまう人がいいですね。もちろん、仕事に関係ないことはだめですけど、“え、そんなことまで考えたの!?やるな~!!”みたいな(笑)。

“そんなアイデアがあったんだ!?”みたいなね。自発的に出してくれる人。自分の考えをどんどん実践してくれる人だと仕事もより楽しくなりますよね。

私はポジティブな人がいいです。ポジティブな人と一緒だとこっちもポジティブになれるじゃないですか。私もすごくポジティブなのでポジティブ同士、仕事がよりはかどるかなって(笑)。

06

最後に、学生のみなさんにメッセージをお願いします!

会社を長く働く場所として考えた場合、社内の雰囲気はすごく大事だと思います。やりがいを持って働いている人って表情がいきいきしてるんですよ。
会社説明会や面接のときに働いている人をよく観察して、“ここで働けたら楽しそうだな”と感じられるかどうか。私もモノタロウに入社を決めたのはそう感じられたからなんです。

上場もして規模も大きくなりつつあるものの、当社は比較的コンパクトな部類に入る会社だと思います。それゆえひとりひとりの裁量も大きく会社全体の中の自分の役割もわかりやすいと思います。
また、自分の担当領域だけでなく商品の知識や流通の仕組みなど、ビジネス全般を体感できます。当社のそういう部分に興味のある方、ぜひ私たちと一緒に仕事をしましょう!

私自身もそうでしたが、就職活動では思うようにいかないこともあるかと思います。でも辛いときこそポジティブな気持ちを持つように心掛けてみてください。そうすれば私のように常にポジティブな人間になれます!(笑)。

社会人にとって、会社は人生の多くの時間を過ごす場所になります。誰でもその多くの時間を楽しく過ごしたいと思うのが当然ですが、楽しく過ごせるかどうかは自分次第だと思います。
当社には自分のやりたいことにチャレンジできる機会がたくさんあります。面白くてチャレンジ精神あふれる「営業担当」希望の方、お待ちしています!

07

TOP